全米OPN最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

前日14位でも、まだ諦めないと行ってただけあって、最終日の松山英樹の活躍は目を見張りました。

ひょっとして日本人初のメジャーVが実現するんじゃないかと興奮に次ぐ興奮(日頃は冷静に見るんですよ)。

この日8〇2△の66。1日おきに良い結果を出して-12。

 

優勝はB・ケプカ(-16)。松山はB・ハーマンと並んで2位。

 

昨年の太平洋マスターズで勝った時に松山は言ってました。

「(自分の)好調が1日で日本では勝てるけど、PGAtourでは4日間続かないと勝てない」と。まさにその通りですね。

 

4日間トータルでのSTATSの一部を引用しました。

    ( )内はこの試合のランク。

〇ショット力は松山がケプカを上回ります。

〇グリーン上ではケプカが圧倒しています。

              松山英樹      B・ケプカ

SG:tee to green   14.392(1)   13.442(3)

SG:putting         2.160(32)   7.110(3)

SG:total        16.552(T2)  20.552(1)

 

3日目を終えて松山は「(パットの)フィーリングは一日一日変るモノだと思うけど、ちょっと変わり過ぎている。不安な部分が(今日の結果に)表れている」とコメントしていました。

 

松山にとっては更に課題は明確になりましたね。

 

しかし、我々ゴルフファンに大きな夢を与えてくれました。

だって、松山がメジャーに勝てる力があるということをこの試合で証明してくれましたから。

次回メジャーには日本から大応援団を国費で送るようにしましょう

(笑)。

 

あ、松山の世界ランクが(J・ジョンソンに次ぎ)2位に上がりましたね。

ケプカは日本でも勝っていますね→「ダンロップフェニックス2016」

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス