顎が気になる”スイングの基本” | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パットのことでなくてすみません<m(__)m>。

それだけ、このところ顎がキーワードになっています。

顎が出たわけではありません(笑)。

 

プロゴルファーの井上忠久さんがヘッドスピードを上げるためのドリルとして顎のことを記事にされておられるのでリブログさせて頂きました。

このドリルは①体の正面でボールを捉えることと②顎の位置を変えないでテークバックでは左肩が顎に当たるまで、フォローでは右肩が顎に当たるまでのハーフスイングを続けることでヘッドスピードが上がると指導されています。

 顎を動かさないってことは、軸を動かさないってことですよね。

納得です。ヘッドスピードを上げようとすれば、本能的に軸を動かさない(*1)でスイングするようになりますよね。

 

パットでも同じ。

顎を動かさないストロークはその再現性も高まり、しっかり打ち切れるので方向性、距離勘とも意図通りにパットできます。

お試しください。

 

*1:軸を動かさないには2つの意味があります。

   ①軸がブレないこと

   ②軸が一緒に回らないこと(回ってしまうとHSは上がらない)

     なので顎は動かさないのが良いということになります。

 

私はこれにハマって、ドラでのスイングにも顎不動を思いっきり頑張り過ぎて、右首に鈍痛を覚えます。やばいやばい、やり過ぎだ(笑)。

顎が出ない程度にしておきます(爆)。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス