顎を右肩に寄せる | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

姜 秀衍は顎を動かさないので正確なショットやパットが出来るとUPしました。→「”スイングのキモ顎2”」←リブログさせて頂いた記事。

 

おりしも「ミッシェルパパ」さんが、ロレーラ・オチョワのショットについてダウンスイングの前に頭を右に傾けるという独特のショットについて記事になさっておられました。→「藍ちゃんの親友・・ロレーナ」

「首のひねくり」と表現されているくらい特徴的ですね。

 

この「ひねくり」(までも行かないまでも、意識的に右に頭を残す)動作はパットのストロークでも有効です。

スウェイを防止するうえでとても効果的なんです。

 

芝草順二さんはその著書「パッティングの勝利」の中の一節で

「フォワードスイングで顎を右肩に寄せる」として次のように解説しています。

ーーーー

フォワードスイングは、顎の下に右肩が来なくてはいけないのに、ヘッドアップが早くて、首の後ろの付け根の支点が動くと右肩が前に出てしまう。

 この欠点を無くすには、顎を意識的に(右)肩の方に寄せると効果的である。

また、このようにすると、フォロースルーのヘッドの出が良くなるので打ち切れるようにもなる。

ーーーー

 

このことについては「スウェイしない」方法の一つとして過去ログにも引用させて頂きました。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス