今平周吾のパット | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

関西オープンでツアー初優勝の今平周吾。→「関西OPN2017」

 

その記事で、今平のパットのランキングが良くなっていることもデータを紹介させて頂きましたが、どんなストロークをしているかについては手抜き?していました。

負債をそのままにしておけない性格なので、忘れないうちに紹介させて頂きます。

 

この初Vについて、ご本人は「今まで勝負どころのパットが入らなかった」から(勝てなかった)、とコメントしています。宮里優作のように、これで吹っ切れて活躍を続けて欲しいですね。

 

今平のパットの特徴的なのは左手を下にしてグリップするLeft Hand Lowのグリップです。

このグリップは手首を捏ねにくいので、ストロークの再現性を高めてくれます。

 

今平のパットはテンポが良いですね。

タッチとラインを決めたら、速やかにストロークすることで、そのイメージが消えないうちにパットを終えようというものです(ご本人がそういう意図でやってるかどうかは確認してませんが)。

 

但し、更に特徴的なのは、アドレスに入ってから、2回の素振りを行います。これは意識的に肩主導でストロークすることを事前に確認することの意味のようです(そのくらいはっきりと肩の上下動が見られます)。

 

そしたら、躊躇なくストロークする。

途中で迷ったら、パットはロクな結果にならないということを熟知しているような動きですね。

 イ・ボミも昨年あたりから「2秒以内で打つ」そうですし、倉本昌弘は「3歩、3秒以内に打つ」としています。

 

我々も勉強になります。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス