心を鍛えるセッション2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「こころを鍛えるセッション1」に続きます。

 

ーーーー

エクササイズ②  呼吸に対する気づき

 

気づきの機能強化のトレーニングをするのは、現在と言う瞬間に意識を集中させるためである。が、我々の心は、えてして習慣的に現在を離れてさまよいだす傾向がある。

 視覚も聴覚も肉体的な感覚も時とともに変化する。

常に一定なのは、唯一、呼吸だけ。

心が思考に誘われてさまよい始めると、現時点に注意を引き戻すために頼りになるのは呼吸だ。

 

この練習では、ただ、吸うときと吐くときに息を数えるだけでよく、リズムも呼吸法の時と違って、意識的に呼吸を制御したり操作したりする必要はない。

この練習法は2500年以上に亘って伝承されてきたが、心得は簡単で「息を吐くときは、息を吐いていることを意識し、息を吸うときは息を吸っていることを意識する。息が短ければ短い、長ければ長いと意識すること」である。

 これが、呼吸に対する気づきである。

(長いので、以下は記述を要約させて頂きます)

・気持ちを集中させ、呼吸と言う自分の行為に心の波長を合わせる。

・呼吸を毎回一つづつ数えること。

・息が鼻腔を通って体の奥に入り、戻ってきて自分の前に吐き出されるとき、体はどう感じるかと言うことに注意する。

・自分の体験を注視する。

・心の中で考えたり評価はしない。

・数えた数を忘れたら、覚えていた数に戻り再開する。

 

ーーーー

 

これって、ヨガそのものですよね(少し言い過ぎかな)。

ヨガの経験のある方は、このことは簡単でしょうし、自分の心を冷静にさせることも上手いのではないでしょうか。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス