サロ杯最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

今季メジャー第1戦は前日首位に出たキム ハヌルが逃げ切り今季2勝目、通算5として幕を閉じました(-9)。

 1打差の首位スタート(2位はL・トンプソンと川岸史果)だったので、正直なところもう少し接戦を期待していましたので、少々あっけなかったですね、メジャーにふさわしい接戦が欲しかったです。

 

それだけ、キム ハヌルの安定したショット、パットが他を寄せ付けなかったという印象です。

前週(「サイバーエイジェント2017」)に続く2連勝、メジャーも昨年最終戦(「リコーカップ2016」)に続き2連勝です。

 

3打差の2位はコ ジンヨンとL・トンプソン。

トンプソンは昨年の覇者(→「サロ杯2016」)ですから、最終日に爆発を期待していましたが残念です。

更に1打差の4位は初日・2日目と首位だった川岸史果。

5位は更に1打差の上田桃子でした。

 

キム ハヌルのパット

昨年のリコーカップ(JLPGAツアー選手権)の少し前からセンターシャフトの太めグリップのパターで、逆手(Left Hand Low)に握ります。

こうすることで手首を捏ねないストロークが出来るので方向再現性が高くなります。

 

今季ここまで平均パット数は1.7484でランク1位です。

 

安定したゴルフで、これからも良い成績を残しそうですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス