サイバーエージェント最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

昨年のこの試合をプレーオフ(P.O.)で敗れたキムハヌル(→「サイバーエージェント2016」)が、今回はP.O.で鈴木愛を破り、今季初Vとしました。

 

#17(パー3)で、キムは短いパーパットを外して△(-7)。

同じく鈴木のバーディーパットが決まれば1打逆転という場面でしたが、鈴木もこれを外してパー(-7)。

#18(パー4)は共にパーで、勝負はP.O.に持ち込まれました。

 

1ホール目のグリーン上。

鈴木のパットは思いのほか左へ切れずに右に外しましたが、少し短いキムはこれが参考になったのでしょう。深く切れるとは読まず、真ん中から決めて○として決着しました。

 

キムはこれでJLPGA通算4勝目。

最近も安定した成績を残してますので、今季まだまだ勝ちそうですね。

 

キムのパット。

昨年のリコーカップ(JLPGAツアー選手権)の少し前からセンターシャフトの太めグリップのパターで、逆手(Left Hand Low)に握ります。

こうすることで手首を捏ねないストロークが出来るので方向再現性が高くなります。

 今季ここまでの平均パット数は1.7681でランク3位です。

 

一方の鈴木はパット功者で知られていますが、これまで平均パット数は1.7531でランク2位。ちなみに現時点でのランク1位は申ジエの1.7363です。

今季3Vを目標にしている鈴木に未だ勝ちはありませんが、良いゴルフをしていたのでこの試合は惜しかったですね。「悔しいが、(この試合は)納得のゴルフが出来た」とコメントしていました。

 

これからも、白熱した試合が続くことを期待しています。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス