心の筋肉の鍛え方2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「心の筋肉の鍛え方1」に続きます。

 

ーーーー

正しい姿勢

正しい姿勢を取れば、より長い間注意力を維持できるし、呼吸はより楽に出来る。まず、自分の体重のかかっている腰部、つまり腰と脚の裏側の接合部がクッションに沈み込んでいること、或いは椅子のシートを圧迫している感じを体感して欲しい。

 この場合、背もたれは使わないから、身体を支えているのはシートまたはクッションだけである。

 次に、後頭部を緩やかに上にに延ばしていく感じを出す。そうすれば、背骨は柔らかにまっすぐ伸び、あごは少し引いた姿勢になる。この感じを正しくつかもうと思ったら、壁を背にして立ち、肩甲骨を壁につけて後頭部の中心部をゆっくりと壁に当てればいい。

 この動作と体重のせいで、体が頭と腰の2方向に同時に緩やかに引かれて伸びるから、腰から頭の天辺にかけて体全体に軽度の張りが感じられるだろう。背筋だけでなく、体のその他すべての部分も緊張をほぐしてリラックスさせれば、背骨はテントの柱で、体のその他の部分は全てテントの幌のように柱の天辺からぶら下がっているような感じがしてくる。

 このような姿勢を取った後は「中道の意味するもの」で示した原則に基づいて真っ直ぐに座っているかを判断すればよい。

 (体を前後左右にすこしずつ傾ければ)いずれの方向にも傾いていない、いわゆる”中道”に到達する。

ーーーー

このような中道の姿勢が、パッティングの姿勢に役立つのですが、長くなるのでレイアップさせて頂きます。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス