タッチを磨く4 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「タッチを磨く3」に続きます。

 

7.「下を向いたまま、3球連続打ち。距離勘(*1)が養える

                                  (成田司)

       *1:原文は距離感、以下同じ。

  3つボールを並べて、下を向いたまま3つ続けて打つ。

  (距離の)バラつきがなくなったら距離を変えて。

  これで距離勘が出来る。

  あまり難しく考えず、とにかく打つのが大事です。

 

8.「4→6→8→6→4mを打つ。距離勘が出来てくる」(寺下郁夫)

  目標を歩測して決め、距離を打ち分ける。

  リズムを一定に、少しずつ距離を伸ばして打ち、また戻ってくると、

  距離勘はインパクトの強さだけでは出来ないことが判ります(*2)。

 

*2:距離を出すのに、打感や打音、インパクトの強さ或いは出球のスピードとしている方でも、それを行うにはストロークの大きさも距離に見合って大きくなります。そのほうが自然だからです。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス