効果てきめん練習5 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「効果てきめん練習4」に続きます。

 

9.「真っ直ぐの線を使って立つ。スクェアの確認に」(福田裕二)

  パットでは、まずスクェアに立つことが大切。

  これがずれると意味がない。

  カーペットや敷居など真っ直ぐの線を使ってアドレスチェック。

  スクェアにアドレスした状態でカップを見たときに、どういう見え方をするのか、自分のスクェアを確認しましょう。  (*1)

 

10.「20cmのパットを繰り返す。絶対芯に当たるように」(横田英治)

  「OKパット」で外す時は、芯に当たってないとき。

  本当の意味で100%入る距離を練習すべき。

  20センチを芯で捉え、カップの真ん中から入れる。

  球体の表面を打つのではなく、ボールのコアを打つ意識で振りましょう。

 

*1:これが出来るようになったら、何もないところでスクェアにアドレスする練習が実用的になります。何故なら、グリーン上には視覚参考情報は何もないからです。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス