パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

36もパットしたので、不調修正について調べてみました。

今回の事例には直接関係ないかもですが、江連忠さんの記事が見つかりました。

「週間ゴルフダイジェスト」(2015年NO.45)「パットが不調の原因は」から略して引用させて頂きます。

ーーーー

パット不調の原因は

(ストロークの対称性についての質問について)それにこだわる必要はない。

例えば、松山や藤田、L・ドナルドはバックスイングよりフォローが小さい。

逆にJ・スピース、横峯さくらなどはバックスイングよりフォローが大きい。

大事なのは4つ。

①芯でしっかり打つこと

②加速しながらインパクトすること

③狙ったところに打ち出すこと

④同じリズムで打つこと

これが出来ていれば、形にとらわれることはない。

 

ただ、距離に対してバックスイングが大きくて、インパクトが緩んでフォローが小さい人

インパクトでパンチが入ってフォローが小さいひと

フォローが必要以上に大きくしっかりヒット出来ていない人などは直したほうが良い。

(明日に続きます)

ーーーー

①と②は強い相関があるように感じています。

即ち、加速しながらインパクトを迎えると芯を正しく捉えやすくなるということです。

 

今回の私のパット不調(→「イーデルパター実戦」)については、まだ明確な原因が分かりません。

お気づきのことがありましたら、コメいただけれると嬉しいです。

推定原因大歓迎です。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。