右肘内側を正面に | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

過去ログをリブログさせて頂きます。

毎朝の≒5mのストロークドリルで最近少し左に行く。完全スクェアにアドレスしているつもりでも、そうなってきたのでヤバイので調べてみたら、これでした。

構えて、両腕・両肘とも固定したままでストロークしているつもりでいたのですが、右肘が少し動いたいたようです。

金庚泰のストロークのキモは、右肘を(ストロークの全行程を通して)動かさない(捏ねない)と言うものです。

出来ているつもりでいても危殆化するのがゴルフのスキル。

これからも気を付けます。

 

なお、金庚泰はこうすることで一定のスピードでストローク出来ると仰ってますが、私の場合テークバックに比べてダウン(インパクト)のスピードを加速しています。

因みに藤田寛之は「黄金のテンポ」です。

 

いつも御支援ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス