ショートパットメソッド | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ゴルフで一番悔しいのはショートパットを外したときですよね。

この時の一打は、ショットをOBしたときよりも心理的なダメージは大きいです。

 

ショートパットをより確実に決めるには、自分流のメソッドを決めることと、それを行うルーティンを定めておき、タッチ・ラインを決めた後では何も考えずにメソッド通りにルーティン化したストロークを行うのが最も効果的と思います。

 

「ひろし」さんがショートパットのメソッドをUPしておられましたので、リブログさせて頂きました。


ひろしさんはショートパットでもラインに乗せてストロークするパッターです。ショートパットを「壁ドン」で決める方とはやり方が違います。

私もひろしさんと同じメソッドなので、壁ドンのメソッドについてはUP出来ません。

何方か記事になさって下さることを期待しています<m(__)m>。

 

メソッドとルーティンを決めていても届かなければ入りません(笑)。

壁ドンと違うのがここだと思います。

ひろしさんの記事でも触れておられますが、特に上りのパットではカップを超えるタッチでラインを決めたら、そのタッチで打つことが必須になります。

これがポイントのように思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス