ジュニアが使ってはいけないパター | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ギアの分析やフィッティングを専門にする「もっちゃん」の記事をリブログさせて頂きます。

 

この記事で、ジュニアの練習用にはフェースバランスのパターでなくL字型のようなパターが良いとのことです。

えっと思って良く読むと、実戦ではOKとのこと。

練習ではフェースローテーションを覚えるために、とのことです。

ジュニアでも、個々の身体特性から、ストロークを「ストレート」に行う子と「インtoイン」で行う子がいるのではないかと思ってます。

P社のiPINGではそういう前提で人それぞれの特性に合ったパターを勧めています。

この辺りお心当たりの方がいらっしゃったら教えて下さい<m(__)m>。

 

小さい子がパター以外のクラブを使ってフェースローテーションを覚えるってことは理解できますが、パターではどうなんでしょうか。

 

もっちゃんが指摘されるのは、あくまでジュニア(それもプロを目指す子)用についてですから、その点はお含みお願いいたします。そういう意味で、この記事の中でセンターシャフトパターもお勧めしていませんね(*1)。

 

私事で恐縮すが(嬉しいので書いちゃいますと)5歳になったばかりの子(孫)がゴルフやりたいと言い出して(私がそそのかしたんじゃないですよぅ)、勢い込んで大手量販店に行ったのですが、もっちゃんの仰るようにライ角が合うようなクラブはありませんでした。練習場備え付けのクラブにフィットした単品があったのでそれを使わせました。アイアンは私のような素人でも見た目で分かりますが、パターは長さだけで決めちゃいそうなので、もっちゃんの記事に大変興味を持った次第です。あー、未だ買わなくて良かった(笑)。

 

*1:最近はプロが使っているのをよく見かけます。センターシャフトにはそれなりのメリットがありますので、”大人用”にいずれ記事にする予定です。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス