パクられた「体幹ストローク」(笑) | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

日本オープンの松山英樹のパットを目の当たりに見て、彼のパットが著しい進化をしていることに驚いたので「体幹ストローク」と命名しました。

 

昨日発売の「週間ゴルフダイジェスト」(2016年NO.43)の「世界の怪物松山英樹の観賞術」と言う記事では、彼のパットが進化して「体幹で打つ!安定したストローク」と言う表現があります。

 

2011年には手の感覚を重視したストロークだったのに比べ、肩でストロークしたい意志の表れだと、当該記事は表現していますが、私(Green Keeper)の知る限り松山の進化は今年のマスターズ以降です。

日本オープン優勝、マレーシアでの2位、HSBC優勝とこのところ好調の松山のパット。

日本オープンで見逃した方、明日からの三井住友VISA太平洋マスターズに出場する松山をとくとご覧になって下さい。彼のパットの進化に驚かれると思いますし、また参考になると思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス