パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ラグパット1」に続きます。

 

ーーーー

更に、距離勘(原文は距離感)に関する問題がある。

 

ロングパットを沈める場合も外す場合も、距離は方向よりも重要な要素である。だから、カップまでの距離を出来るだけ正確に判断しなければならない。

 

インストラクターの中には、アップヒルの場合もダウンヒルの場合も、ライン上のどこか別の地点にカップがあることを勧めるものもいる。

 つまり、ダウンヒルではカップの手前に、アップヒルではカップの奥にあると考えろ、と言うのだ。(中略)

 

しかしこのやり方だと、体に二つの混同した指令を送り、同時に二つのターゲットを狙わせてしまう。イメージしたカップに届くように打とうと思っても、本物のターゲットである実際のカップを無視することは難しい。

 このように相矛盾する情報は、体と心が噛み合っていないことの証であり、危険の兆候だ。

 

だから、この手は使わないで、ボールが定位置にあるカップに転がり込む際の速さをイメージするといい。

そうすれば、グリーンの読みと距離の判断は、より正確になる筈である。

ーーーー

 

私はインストラクターの教えは正しいと思います。

一般にこういう事の指導を乞う方はどちらかと言うと初心者が多いです。

そういう方には、転がり込むイメージとか、カップインの音をイメージせよと言ってもピンと来ないと思います。それよりも物理的にイメージしやすい仮想の距離をイメージさせようということの方が理解しやすいと思うからです。

 

かと言って、J・ペアレントさんの言われることを否定しているわけではありません。

上記引用内容は、より現実的、実用的な方法ですし、インストラクターの教えをもとにゴルフをやっていれば、ある時にはこういう方法を身につけようと言う段階に来るのではないかと思いますし、第一転がり込むイメージってゴルフをやっていて楽しいですよね。

 

初心者のうちから、脳にとって決して悪くないこういう前向きに楽しむゴルフをやれば上達も早いのではないでしょうか。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。