パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

単独首位に立っていた李知姫が#15(パー3)でピンを狙いに行って池に入れこのホール□。

通算-11として、この時点で笠りつ子、申ジエ、李知姫の3人が首位に並ぶ大混戦。

 

1組前を行く笠は#18(パー5)で第2打を奥のバンカー。右≒2mからのバーディーパットは最後に左に切れてパー。伸ばすことができず笠は3位。

 

#18で、上≒3mからのスライスラインを真ん中から入れて○とした申ジエと、左≒2.5mからのスライスラインを決めて○とした李知姫がともに-12。二人のプレーオフ(P.O.)にもつれ込みました。

 

P.O.1stHではともにパー、2ndHではともに○。3rdHでの決着は劇的でした。

 

ティーショットで申はFW。李は右気に当ててラフ。この時点では申が圧倒的に有利でした。

 

李はレイアップせざるを得ず、FWからの第3打を右上1m強に。

申は第2打を左のガードバンカーに入れて、ここからの第3打は左≒1.5m。

 

申のバーディーパットは右に切れたのに対し、李はこれを決めて決着。

 

李は今季「ヤマハLオープン葛城2016」に続き2勝目。JLPGA通算21勝目です。

 

李知姫のパットをじっくり見ていましたが、ショートパットが慎重。

丁寧に素振りしていますがそれが2種類あります。

 

上りや平坦地ではインパクト前後≒15cmの素振り3~4回。

  (#17での上り≒2mのパーパットを決めています)。

下りではインパクト(仮想)から先(即ちフォローだけの)≒15cmの素振り3~4回。

  (P.O.3rdHでの右上からの1m強のバーディーパットを決めています)。

 

これって、「ひろし」さんがショートパットの習熟についての記事でUPしておられました。

「ショートパットの自信をつける練習方法」

 

推定ですが、李知姫も同じような習熟過程を経ていて、実践ではそれを再現させるよう素振りを繰り返しているのかな、と感じました。

 

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています!!(~_~;) 

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。