カラーとの境目で | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ボールはグリーンにオンしているが、すぐ後ろがカラーで芝の刈り高が高くてテークバックするとパターのソールがカラーに当ってしまったり、当たることに違和感があってスムーズにテークバックを取れないってことが時々起ります。

そんな時は、あらかじめカラーの上にソールしてストロークすることを勧めているのは栗木臨さんです。
「カラーとグリーンの境目からのパッティング」

これって、ボールの直ぐ後ろにヘッドを置きやすいですが、慣れてくるとスムーズにテークバックできるようになります。

いきなり本番で初めてやるというのは危険?と思います。

練習グリーンで何度かやってからスタートすると良いのではないでしょうか。

今、開催中のプレーヤーズ選手権でV・シンとZ・ブレアが面白いテクニックを披露していました。

カラーとラフの境目にあるボールをパターのトゥで打ってました。
フェースで打つのではなく、トゥの先端部でフェースと直角方向に打つという離れ技。

これも考え方は同じですね。
テークバックしようとすると、後ろのラフに喰われてしまうので、その影響を最小限にしようとトゥの先端部分でボールをヒットしています。

それでこれをカップに沈めてしまうのですから驚きですね。
プロの技の奥深さを見せつけられた気がしました。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス