2歳のお手本 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「Dさん」が紹介されてる2歳の男の子。

完璧なスイングでお手本になると紹介されています。
「This 2-year-old's swing is better than me.」

そして「Dさん」はその子のスイングを解析しておられますね。
「This 2-year-old's swing 解析」

はい、恐れ入りました!
脱帽です。
スイングのフィニッシュまで完璧に頭が残ってます。

パットをさせてもフィニッシュまでルックアップせずにストローク出来るんでしょうね、きっと。

2歳でこれだけできるということは親御さんの努力に敬服です。

人間は生まれたときは頭の中は空っぽ。これが他の哺乳類と違うところだそうですね。
長い進化で脳幹には本能的な要素は備わっているそうですが、、。
成長の過程で脳に記憶やそれに基づく判断力や創造力が培われるそうです。
幼児教育は3歳以前に始めろ、と言われるゆえんでしょうか。

この子はそういう無垢の頭の時にスイングを覚えたからでしょうね、こう完璧なのは。

もう少し経ってから始めたとしたら、結果が気になるという習慣が刷り込まれてしまい、ここまで完璧に出来ないのではないでしょうか。

こう思ったのは自己反省から。
幼児教育の重要性は認識していたつもりですが、娘をピアノ教室に通わせたのは5才から。
続けて長男にもやらせたのですが同じく5歳から。
二人ともモノになりませんでした(笑)。
母親の背中で教室で夢心地でいた0歳の次男(教室に通わず)が一番音感が良いという皮肉。
高いピアノをあてがったのに、でした。まあ、親に似たからでしょうが(泣)。

お子様やお孫さんにゴルフをさせたいと願う方。
是非この子のように早めにやらせるのが良いように思いますが、、、。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス