パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「距離勘を作る1」に続きます。

「ヨコ読み」をしてジャストタッチを作る方法として、著者が奨める方法は

ーーーー
ラインを「加速」「持続」「減速」の3区間に分けて「加速」のスピードを決める
 「加速」は止まっているボールが打ち出されてスピードが上がる区間。
 「持続」は加速が終わって一定のスピードで転がる区間(*1)。
 「減速」はスピードが落ち始めて、止まるまでの区間。

 アドレス位置からどこまで加速させるかを最初にイメージする。
 通常のグリーンの速さなら目安は全距離の半分。そこを「加速点」としてイメージする。
 (イメージとして)そこから先は「持続」と「減速」の区間。
          ボールの止まるところが「ジャストタッチ」。
 中間点がカップ手前になるというイメージが浮かんだら、「加速点」を少し先へ伸ばす。
 中間点がカップの先になるようなイメージが浮かんだら、「加速点」を少し手前にする。

 このようにイメージし直すことで「加速点」が比較的短時間で見つけられる。

 これが上手く(イメージ)できないときは「減速」からスピードを逆算する方法もとれる。

 カップ周辺の傾斜をもとに「ここから減速していけば入るという場所を決め、
 「持続」区間をイメージし、それをもとに「加速点」を見つける。
 その後は「加速点」まで加速して転がりだせる「初速」をイメージし「これでOK」というスピードを決める。
ーーーー

このスピードを決める振り方は、次回に続きます。

*1:力学的にはスピードが一定な区間と言うのはありません。
   常に芝の抵抗を受け減速します。
   ここではイメージとしての捉え方を著者は提案していると理解しましょう。

実際にこのようなイメージ方法を使っておられる方がいらっしゃるか、私(Green Keeper)は知りません。
 試してみたところ、いきなりこの方法が使えるようにはなりません。
既知のラインをもとに、イメージ作りの練習をしてから取り組むのが良いように感じました。

但し、力学に反して、イメージとしては中間点辺りまでを「等速」に転がり、それ以降は徐々に減速してゆくというイメージでやると、著者の仰る「ジャストタッチ」のポイントが得られます。
ということは距離勘が作り易いということではないでしょうか。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。