フィニッシュを決める2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「フィニッシュを決める」に続きます。

「やきそばパンZ」さんが以前に「フィニッシュの重要性(パッティング)」という記事をUPなさってます(2009年)。
存じ上げませんで失礼しましたm(_ _ )m。

私の記事では距離勘を決める(作る)にはフィニッシュが大切という趣旨でしたが、この記事ではストロークの改善に効果的で、将来のパッティングのタッチを最適化できる、というD・ペルツさんの話が紹介されています。

是非ご覧になることをお勧めいたします。

以下、私の前回記事の補足です。

フィニッシュを決めるのが目的ではありません。

フィニッシュを決めることで、距離勘(距離の実現力)が高まるストロークが出来るというものです。

距離勘にメリハリが出来るという訳ですね。

前回記事をお読みになって試みておられる方がおいでですが、上手く行ってない方もおられるようです。

そういう方は、ストロークはボールを転がすものだという感覚でなく、打つという感覚でパットなさっておられるかも、です。力感を変えずにゆっくりストロークすることで、フィニッシュが決まってくると思います。

ショットでも、アプローチショットでも同じです。
力まないでスイングするからフィニッシュがきれいに決まります。
パットでも力まずにストロークすれば、フィニッシュがきれいに納まります。

いつも応援ありがとうございます。
ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ