実戦に強い万能型グリップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
練習や私的ラウンドではクラッチパット(極端に緊張を求められるパット)というのは有り得ないかもですが、競技やプロの試合ではゴルファーは各ホールにてこれに遭遇します(笑)。

で、ある方がそういう場面でも乱れないグリップ(商品としてグリップではなく、握り方として)を発見されました。

「char」さんと仰る研究熱心な片手シングルさん(所属クラブのHDCP=2)です。

最近の記事で「私的:パッティンググリップ★」というのがそれです。

両手とも、人差し指と中指の間にグリップを握ります。

パターを吊るすという言葉がぴったりですね。

あ、その写真は上記記事をご覧になって下さい。

その特徴は(これは私Green Keeperが試した結果の評価)
1.ストロークするときに直線性が良く、その再現性が高い
2.グリップ圧力が変化しても軌道がぶれない
3.クラッチパットに強い
4.手でパットする人にも肩でのパッターにも使える
5.自然にスクェアに構えることができる

即ち、万人に使えるグリップ方式です。

charさんは人差し指の上に親指の腹を乗せておられますが、私の場合は左手親指はグリップの背中に直接添わせるようにしたほうがフィーリングが出ます。

この辺りは、パッターの個性に合わせるのが良いと思います。

グリップに悩みをお持ちの方は、このグリップをお試しください。

あ、charさんの記事には書かれていませんが、両手とも親指の爪は打出しラインに平行になるように握るのが基本です。

転落↓!!(~_~;)今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

皆様充実した土曜日をお過ごし下さい!

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス