パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
最近パターのカウンターバランスという言葉を良く聞きます。また、NETにはいろいろなパターに使うというような表現がされています。

ヘッドの重さを上げるので、バランスを取るようにグリップ側も重くするという考えですね。

ヘビーパターと言われるパターはこれと同じようにグリップ内にバランサが装着されています。

昔からパターのバランス調整の基本はグリップ内に鉛を貼ることでした。

軽いよりも重めのパターのほうが安定感もあり、私(Green Keeper)も重くして使っています。

カウンターバランスと言う言葉自体は新しいですが、この考え方自体は昔からあるのですが、俄かに注目されるのは、アンカリング規制により長尺や中尺パターを使っていた方が来年度からこの重めのパターをどう使って行くのかということでで、プロの動向が気になるところです。

この件については「道具屋」さんが道具論の一環として詳しく記事になさってますので是非覗いて見て下さい。
「神様仏様・・・」

新規にパターを買うときには何度も試打をして、自分に合うパターを手に入れることが出来ますが、既存のパターに手を加えたり自分でやる場合は注意が必要です。

シャフト周りの慣性モーメントが違ってくるのかな、という感じがするからです。
理論上は変わらないはずなんですが、試打してみると、微妙にですがストロークに影響が出ます。短い距離では感じないですが、長いパットでは明らかに方向のエラーが出ます。

今までと同じストロークをしているのに!!です。
これは結果的に感性モーメントが違ってきていると考えざるを得ないのですが、或いは使い慣れたパターと違うので身体が対応できていないのか。

もともと感性モーメントの大きなパター(マレット型など)は直進性を高めるというコンセプトでの設計ですが、それが小さいパター(ピン型など)でこの影響が大きく感じます。

即ち、パターの返りが小さくなるように感じてしまいます。
使い慣れれば問題はなくなるとは思いますが、、、(笑)。

思い違いも含めて私だけの問題でしょうか。
皆様の体験やご感想を教えて下さると有難いです

!!(~_~;) 今日も↓ポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

火曜日はカッカとしないで良い一日にしましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。