パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
小雨が続いてグリーンは軟らかく重くなっていて、却ってタッチが合わないような場面のある3日目となりました。

そんな中、31位Tで出た小田孔明が大爆発。

1◎10○1△の-11というコースレコードを更新するという離れ業を見せてくれました(-13)。

2位Tの最終組で出た石川遼も良いゴルフをしていました。

7○2△とこの日5打伸ばし-13と#17(パー5)で追いつきました(-13)。

石川の#18(パー4)の第2打はFWから打ったものの奥のカラー、パターでのアプローチとなりましたが少しショートして左に切れてパー。逆転の単独首位となるかと期待したのですが、、、。

石川はますますショット、特にドライバーに磨きがかかっているようです。

パットは以前より多少テンポが速くなっているようです。若いので速くても軌道は正確に維持できているのだと思います。

なお、石川が時々やるプラムボッビング(青木功の御家芸、パターを垂らして傾斜の傾向を読む)。あれは正しく傾斜の傾向を読むにはこうしないといけませんよ→「パターの吊るし方」

また、小田孔明は歩測するようになってから、パットが良くなったと仰ってます。
「正確な距離の把握」
距離勘を出すには正確な距離の把握があってのことですから、小田のパットへの取り組みは的を得ていると言えます。

3打差の3位には片岡大育、宮本勝昌、冨山聡が続いています。

昨年賞金王の小田は今季未勝利。米ツアーで最終盤で来季の米ツアーカードを手にした石川。

この最終組の二人の戦いは見ものですね。

最終日もグリーンコンディションは3日目と同様でしょうから(ピンポジションは最難でしょうが)、最終組のこの2人のマッチプレーの様相で展開するのではないでしょうか。

或いは、1組前を行く宮本(昨年の覇者→「ANAopn2014」)あたりが、するすると抜け出して涼しい顔をするという場面になるのか。

楽しみな最終日です。

いつも応援有難うございます!
ランク上位を目指してます、今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。