若年化 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
先週のLPGAポートアイランドクラシックでB・ヘンダーソンが-21で初優勝。

2位のP・ファトラム、J・」ハナ、C・クンが-13ですから、まさにブッチギリのVです。

カナダ国籍の17歳のルーキーでLPGAの選手紹介では、年齢制限に引っかかって?未だ顔写真も載っていない(LPGA会員ではない)若手です。
この試合、スポンサー枠での出場で快挙を成し遂げました。

この選手、昨年長野県での世界女子アマ個人首位でプロ宣言済ですが(以上の事情から)マンデーからのVで、LPGAではこれが2人目だそうです。

今週はカナディアンOPNですが、ここではL・コーが15歳4か月という史上最年少V記録を立て(2012年)、翌年も連覇を果たしています。

で、ヘンダーソンは、L・コー、L・トンプソン(16歳で初V)についで3番目の若さでの初V。

女子のツアーは若年化が凄い勢いで進行しています。

日本でもしかりですね。

JLPGAでの最年少記録はアマの勝みなみ(→「KKTバンテリン2014」)。15歳でした。

勝は今年の女子アマも制しています。

若手アマでは優勝こそないものの新垣比菜(16歳)のツアーでの活躍は目を見張ります。
サマタバの9位T、センチュチ21の6位T、いい部屋ネットの7位T。
どう見てもツアーの一流選手並みの戦績です。

男子に比べ女子の若年化が著しいですが、「おばば」を自称する皆様も頑張っていて、後半戦も楽しみです。

以下蛇足
LPGAでは中国でのレインウッドクラシックが中止、JGTOではインドネシアのプロ選手権とマレーシアでのバスコリークラシックが中止。どちらも発展著しいアジア地区でのスポンサーを求めての進出が本音なんでしょうが、未だ政情も含めて不安定と言えます。

新興国の資本も自国開催に拘らず、カナダでゴルフ場を買収するなどして開催すれば、長い目で見てリターンは大きいと思います。今週のLPGAはカナダなので、カナダのゴルフ環境の卓越していることを思い出しての空想です。

いつも応援有難うございます!
今は何位かな?
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス