福島オープン最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
2打差3位Tから出たP・マークセンがこの日9○(ノー△)と乗りに乗って、逆転で勝利しました(-24)。

1打差の2位は首位で出た宋永漢。更に3打差の3位には宮里優作と張棟圭。

連覇のかかった小平智(→「福島OPN2014」)は貞方章男、藤田寛之、S・K・ホと並び5位(-19)。

全英から戻った松山英樹は後半の5連続○を含め10○2△で金庚泰と並び9位(-18)。

マークセンはタイオープン2013を含めて日本ツアー5勝目。(→「タイOPN2013」)。

この灼熱の中でのホストプロとしてのVに何度も「有難う(タイ式でタイ語)」、礼儀正しさは今でも変わりません。

勝って驕ることなく、暑さには慣れている(パラソルなし)とはいえ謙虚なのはタイ人の文化なのでしょうか。

マークセンのパットは(ショットもそうですが)いつも闘志に満ちていますね。

いつも思うのですが、プレースタイルが梁津万(→「ツアー選手権2015」)に似ているように感じます。

それでいて、ボギーを打たない。
昨日のアン ソンジュと同じです(→「センチュリ212014」)。

それにしても松山が成長を感じさせますね。

東北への恩返しと以前から言ってましたが、全英からのとんぼ返りの上、冬(Stアンドルーズ)から灼熱の那須白河で、最終日にこれだけの見せ場を展開できるという事もさることながら、ギャラリーから「有難う」の声をかけられるのは、彼の行いへの感謝の気持ちでしょうし、子供たちにせがまれたサインにも丁寧に応えていました。

力もさることながら、プロゴルファーとしての鑑の一人になってきているように思います。

いつも応援有難うございます!
いま何位かな?
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス