センチュリ21最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
アン ソンジュが本調子でない中、完全優勝で今季初Vを挙げました(この日2○ノー△の通算-15)。

この試合、ボギーは2日目の2つだけ。

ボギーを打たないですね。

アマチュアゴルフ界の第一人者阪田哲男さんの言われる「プロのゴルフはパーとバーディーの間」という、それそのままのゴルフです。→「プロとアマの差」

アンがスコアを伸ばせない中、3打差単独2位で出た東浩子にも勝機は有ったのですが、2日目と違い距離勘がイマイチで、ラインの読み違えがあり、惜しい結果に終わってしまいました(この日4○2△の通算-12で4位T)。

2位は1打差で菊地絵理香とペ キヒョンでした。

ショットもパットも時に凄みを感じさせた昨年(賞金女王)のようなゴルフでないにもかかわらず勝つ、安定したゴルフによりアンはこれで日本ツアー通算19V。

今回は結婚後の初Vで、決定の瞬間にはキャディ(ご主人のキム ソンホさん)と長いハグをしたことが印象的でした。

この時、アンの頬に涙が見えました。
今季初Vまでの道が長かったので感極まってのことと思います。

アンは遠征中にホテルでもパット練習をすると言います。
「プロの宅練3」

見習いたいものですね。

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス