パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
カップの中のボールを拾い上げるとき、わが国のプレーヤーは一般に神経が足りない。

こう仰るのはマナー研究家の鈴木康之さん。

「ピーターたちのゴルフマナー」(同氏著 ゴルフダイジェスト社刊)から続きを引用させて頂きます。

ーーーー
踏み込むシューズがカップに近すぎる。

出来るだけカップから離れて拾い上げなければならない。

なぜならば、踏み込んだところに体重を乗せたシューズの踏み跡やスパイクマークが出来るからである。

カップの近くは本来スパイク禁止エリアである。

あとひと回転かふた回転でカップに届くボールにはわずかな余力しかない。

だから、踏圧によるわずかな凹みにも、蹴り上げによる小さな突起にも、ボールは行方を影響される。

カップの中のボールを拾い上げる際は、離れれば離れるほど良い。
ーーーー

目安は靴ひとつだと考えると良い(この距離はボールのふた転がり分で≒27cm)とも示されています。

これでしたら、誰でも普通にやっていますが、中にはカップにもっと踏み込む方もいらっしゃいます。身体上の理由で「靴ひとつ」が無理な方は同伴者やキャディーの手を借りればよいと指摘されてます。

なお、「パットの神髄」(青木功著 三笠書房刊)では、PGAtourには「1フィートルール」という暗黙のルールがあり、知らずに1フィート以内に踏み込んで注意される日本人プロもいるとも。

また、これに関連しては、レッド・ブックで有名なハービー・ペニックさんは
「ボールを拾い上げる時にどれだけカップの近くを踏まないようにするかを見ると、そのプレーヤーが、どれだけ思慮深く、思いやりのある人であるかが分かる」と仰ってます。

気を付けたいものですね。

いつも応援有難うございます!
いま何位かな?
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。