パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
長いパットでは、距離の中間地点で素振りをした後でボール位置から素振りをするプロを見かけます。

これは距離勘を作るための素振りで、とてつもなく長かったりダブルスネークのようなラインの場合は1/3の距離、2/3の距離とボール位置で素振りを行う場面もたまに見かけます。

それだけ距離勘をしっかり作り込まないと3パットの危険があるからです。

ところでこの素振り、ご本人はどのようなイメージで行ってるのか?という疑問を抱きました。

私(Green Keeper)は振り幅で距離勘を作ってきました(変動基準法と名付けています→「距離勘の作り方10」)が、出球のスピードで距離勘を作る(→「スピードで距離合わせ」)方もおられ、宅練でやってみるとなかなか良いです。

それで、いまそれに取り組んでいますが、そんな練習中に彼らプロは振り幅なのか、出球のスピードなのかと考えた次第です。

出球のスピードで距離勘を作ると、長い距離の場合に打ち負けすることがないように感じています。
即ち「肘と肩で出す」のと同じような効果を感じています。

勿論、人それぞれだと思いますし、中には素振りせずに、距離から感じたままで自分の感性の従ってストロークなさる方もおられます(宮里藍やアマでは「char」さんがそうです)が、それは取敢えず例外とします。

皆様はいかがでしょうか。
お勧めの距離勘創出法を教えて下さると有り難いです。

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。