ボールの位置とグリップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「H・ペニックのストローク」に続きます。

ーーーー
左足カカト線上に、ボールを置いて打ってください。

その時、両足をラインに対してスクエア(*1)に置くことも大切です。

もしもラインより大きく外側に打ち出していたとしたら、体重がつま先にかかかっていて、目がボールの上にないためかもしれない。

ボールの上に目が来るようにする方法が2つあります。

1つは目のところにボールを持ってきてそこから落し、その落ちたところを見る方法。

そしてもう一つは、目のところからパターを吊るし、その方向にボールが来るようにする方法です(*1)。

グリップについては、クラブメーカーがうまく握れるようにデザインしたそのままに握ります。

右手はと言うと、ほとんどのパットの名手は少し下に持ってきて、パターフェースがスクエアになるように持ちます。左手を緩めることによってそれが上手く出来るようにもします。

良いパッティングのシステムが出来たら、あとはメンタルな部分だけです。

自分のシステムを変えないでください。
ーーーー

*1:アドレスはスクエアが基本で、これがお勧めです。
  オープンに構える方もおられ、そのほうがラインが見やすいとメリットを挙げておられます。
  しかし、オープンだと不調になった時に困ります。
  不調の原因かを調べるとき、スクエアであればそれが不調の原因でないことは最初から明らかだからです。

*2:パターのシャフトは吊るしても鉛直線を指すわけではないので、この方法はあまりお勧めできません。ボールを落す方法がお勧めです。

いつも応援有難うございます!
今日も↓ポチッとご支援をお願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス