薄い芝ならパター | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
グリーン周りからは2打で上がりたいのに3打打つのは1打の無駄だとH・ペニックさんの指摘を紹介しました。
「ストロークの無駄」

日本ゴルフの父とも呼ばれる陳清波さんも、パターで寄せるのが安全だと仰る記事が「GOLF DIGEST」(2015NO.6)にありましたので、省略して紹介させて頂きます。

「今のプロはウェッジだけど薄芝からはパターだね」というタイトルです。

(今のツアープロはウェッジで寄せるのが一般的ですし、一般には)ランニングで寄せたいかもしれないが、それはよほど得意でなければやらないほうが良い。

というのはダフリとトップがあるから。

なので、パーを取りに行くならパター。

ボールの芝が薄かったらアイアンだと難しい。

もしアイアンを使うなら#3か#4。ロフトの小さいので、それ以外はやらない。

(グリーンに乗るまでの距離勘のことについては割愛させて頂きます)

ストローク上の注意事項は(距離が長いときのパットとして)

1.フォローを長くとる
  グリーン面に乗る前にボールの勢いをそがれてしまっては寄らない。
  インパクトに集中するのは勿論、しっかりとフォローを取ることを意識する。

2.左肘を体に付ける
  フェース面がぶれないストロークをするには左肘を体に付ける意識が効果的(*1)。
  インパクトが締まり、球足も伸びる。

*1:肩を使った振り子式でやると緩むことはないですね。
   このことはゴルフアタマさんもUPしておられます。
   →「パットの距離感が合わない?」

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス