パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
ゴルフの中でも、パットが練習と実戦での違いがいちばん大きいとUPしました。
「練習と最も違う」

制約された練習環境にいても、パットでは日ごろから方向感覚を養う必要がありますね。

で、私(Green Keeper)のやり方についてご紹介させて頂きます。

以前、mizu-toshiさんのご質問にお答えしたことがある方法です。

朝練(宅練)で基準距離を転がしています(これが現場で使える「変動基準法」の基礎練習)が、それが終わったら、次のような練習を行います(*1)。

距離は≒5m。
(部屋の視覚情報を利用できないように)対角線上を転がすように斜め隅に1個のボールを置きます。

部屋(通路)の斜め反対側から、このボールへパットしてボールに当たるまで練習します。
斜めにアドレスすることで、壁や柱、カーペットのマス線は参考情報には使えないことになります。

1回で当たればそれでお終い。当たるまでは何度でもやります。

これを翌日、同じ場所からやったのでは昨日の視覚情報を参考にしてフェースを合わせるので絶対感覚は養えないです。

毎日、ボールの置く場所(仮想のカップ)は4か所をローテーションし、且つ、置く場所は微妙に変えます。

これをやってると、実戦でフェースの向きに自信を持って取り組めること、保証します。
即ち、距離勘に専念してストローク出来るということですね。

あのぅ、生意気に書いてますが私が毎日これを1発で決めてる(当ててる)わけではありません。
1発で決まる日もあれば、5、6発もかかるときもあります。

「へたくそ!」と笑ったあなた、やってみてください。そう簡単じゃないですよ。

*1:あ、朝練のテーマはもう一つあるんですが、それは別の機会にでも。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。