Honda最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
5日間に亘ったこの試合、プレーオフ(P.O.)でP・ハリントンが制しました。
7年ぶりでPGAtour通算6Vです。

この日、64と爆走したD・バーガーと並んで通算-6。

P.O.2ホール目(#17パー3)で池に入れたバーガーに対し、パーで収めたハリントンが勝利を手にしました。

勝因はやはりパットですね、と言いたいところですが、ショットです。

勿論、パットも悪くては勝てませんが、この試合の決め手はショットの良さ。

パットも決まってました。
松山(欠場)のように、両足を広くアドレスするのが彼の特徴、下半身がどっしりと安定したストロークをしています。見ていて何故か安心感がありますね。

 #18(パー4)の上り≒6mのパット。真っ直ぐでしたが、これを真中から入れて○。

石川遼は前日のコメントにあったように、この日もドライバーが乱れ、この日+1の通算+2。
25位Tで終わりました。

石川はいつもよりパットは安定していましたが、いかんせんショット(ドライバー)が安定せず、上位にとどまることが出来ませんでした。

この試合のSTATSを覗いてみました。()内はこの試合のランクです。

          P・ハリントン   石川遼
FWキープ率%  53.6(T52)    41.1(T70)
飛距離yds    293.3(10)     288.7(19)
パーオン率%   63.9(T24)     58.3(T43)
SGTTG      11.66(2)       2.02(43)
SGP         0.67(37)      2.31(24)
SGT        12.33(T1)      4.33(T25)
平均パット数   1.67(5)       1.69(9)

二人のこの試合ぶりを象徴しています。

いつも有難うございます、今日も↓ポチッとお願い致します。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス