パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
PGAtourフェニックスオープンで1打差の2位(T)に終わった松山英樹。
「フェニックスOPN最終日」

今年になって松山はパットのアドレスで
①左足体重が強くなっている
②両足を大きく開いたスタンス  
とUPしました。→「現代最終日2015」

私は左足体重とお見受けしましたが、ちょっと違っていて、正しくは「左股関節」にストロークの軸を置いているのかな、と思いました。

きっかけは「摩季れい子」さんのブログです。

「パッティングが巧くなる為にインパクト軸を左股関節で作る②」の記事を拝見して、松山もそのように意識してアドレスに入っているのかな、と感じた次第です。

ただ、摩季さんの記事に登場するモデルの皆さんは、外目にも左股関節にストロークの軸を置いている(指導が行き届いているのだと思います!)のに対し、松山はそこまで徹した姿勢は採っていないようにお見受けしています。

パットのストロークで、フォローを低く出せとおっしゃるのはD・ストックトンや宮里優さんですが、そうするには左足体重が自然ですね。

また、軸を意識するという点では、(右はありえないでしょう)左股関節。

摩季さんは体重移動は右股関節から左股関節の間という、基本的にターゲットを的確にとらえるというスイングをご指導なさっておられるので、パットの場合のストロークは左股関節が軸というのも頷けます。ーーーここは私(Green Keeper)の文責で、摩季さんには何の責任もありません。

で、私も意識的に左股関節に乗って(というか、軸を意識して)ストロークしてみました。

最近、左足体重になっていた気がするので、スムーズに軸を意識してストローク出来ました。
また、心なしかフォローも大きくとれるように感じます。

軸がストローク中に動いてしまうとか、どこに意識を置くべきか思案なさっている方は、この「左股関節を軸」というストロークをお試しいただく価値があるように思います。

いつも有難うございます、松山の応援ついでに↓ポチッとお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。