パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
昨日はPGAtourの場合のパッティングの優勝への貢献度とスコアへの貢献度について引用させていただきました。→「パットの貢献度」

アマの場合はどうでしょうか。
これはM・ブローディさんの独自のソフト(ゴルフメトリクス)で収集・分析の結果を載せておられます。

平均スコア80のプレーヤーAと同じく100のプレーヤーBでスコアとパッティングの関係を調べたところ、両者の差20打のうちどれだけがパッティングによるものか、という分析です。

ゴルフメトリクスによれば、AはBよりも1ラウンドあたり平均3打稼いで(縮めて)いる。

即ち、20打のうちの3打なので、やはり15%が貢献度(PCS)である。

PCSはパッティングの成績の差を合計スコアの差と比較することで貢献度としているのでこういう結果になると思います。

以下は私(Green Keeper)の考え方です。

いま、Aが初心者でショットが覚束ないプレーヤーだがパットだけは特別に上手く、Bのパットと同じパットの成績を出したとすると、この場合のBのパットでの貢献度は0(ゼロ)ということになってしまいます。

両者の差についての分析ですから、こういう結果が出ても当然です。

A自身の貢献度で考えると、パットが悪ければこうはならずにもっとスコア差は広がるわけですから、Aにとっての貢献度は大きいはずです。

という課題はあるものの、競技やツアーで勝つため、あるいは自分のスコアをよくするために、このような1打1打を定量的に分析するという意義は大変大きいと思います。

いつも有難うございます、今日も↓ポチっとお願い致します



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。