パンチを避ける3 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
超ロングパットで、パンチを避けるにはアプローチ感覚で転がすのもひとつのやり方とUPしました。
「パンチを避ける2」

実はもう一つやり方があります。

それはグリップをショットと同じに握ることです。

多くの方はパッティングでは、ショットと同じにグリップしていません。

これはパットでは転がるボールの方向性の再現生を高めるためにそういうグリップにしたり、フォローで手首や肘を捏ねないように、敢えて窮屈な(?)グリップにしています。

これが、超ロングパットでも良いかと言うと、そうではないことは想像できると思います。

ですから、長いパットを寄せるためには自分の感覚(というか、本能)を大切にするためにショットと同じグリップで構えることも有益な手段の1つです。

パットの場合のストロークで、ヘッド軌道は今や「ストレート派」が圧倒的で、そのために窮屈なグリップにしているとも言えます。

ショットと同じグリップにすると、(ショットのイメージから)IN TO INの軌道が自然にイメージされると思いますが、その感覚です。

と言うよりもストレートというイメージに拘らないだけで、IN TO INの軌道になります。

パンチを利かせてしまい、とんでもないところへ転がしてしまうより、近いところまで寄せるという気持ちのほうが精神的にも楽ですし、上手く行きます。

但し、この場合もアプローチ感覚で長いパットを寄せるのと同様、練習グリーンで試しておくのが賢明です。

ランキングへの投票をお願い致します。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス