左手で握り続ける | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「グリーン上で私は、グリップをずっと左手で握っている」と仰るのは青木功です。

「神様の距離勘」で紹介した「パットの神髄」の一節から略して引用させて頂きます。

----
ロングパットが外れて歩いてゆく時も、ボールをマークする時も、カップインしてボールを拾う時も、左手からグリップを離さず、ボールは右手で拾う。

左手は方向を左右する舵である。その舵に狂いを生じさせないために、私はつねに左手のグリップを離さないのである。

左手を一度離してしまうと、せっかくできあがったフィーリングが逃げてしまう。

逃げたフィーリングを取り戻すには大変な神経を使う。それによってリズムがいったん切れると、打ち方までギクシャクしたものになってしまう。

私は、これを何よりも恐れるのだ。
----

神様だから、本能に任せて自由奔放にパットしているのかと思ってましたが、さにあらず。
随分と繊細なんですね。

こういうところにも気を使っているのには驚きました。
「細心の注意を払って大胆に」を地で行っておられます。

これ、ツアー選手でもやってるの見かけますね。
単なる青木の真似かと思っていたのですが、その御利益を知ってのルーティンなんですね。

私も真似してみようかと試したのですが、神様ほどの感性には程遠いせいか、パターフェースを合わせてソールしてから左手からグリップするという自分のルーティンンがやはりしっくりきます。

ランキングへの投票をお願い致します。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス