パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パットを入れる。

それが目的なので「どんなパットでも入れば満点」と言うと、反対されることもある。

結果オーライはただのラッキーだから満点は付けられない、と。

ゴルフはスコアと言う結果を出すスポーツなので、打ちそこなった反省は後でやれば良い。

逆に入らなかったら、満点は付けられないかと言うとそうでもない。

理論的にはそうだが、このことで自分のパットを評価すると、その後のストロークが良くない方向に向かう危険が出る。

そしてどんどん自信がなくなってゆく。

こう解説するのは「笑顔なら」で紹介した「パット&アプローチ上達の極意」(角田陽一著 実業之日本社刊)です。

続きも含めて要約して引用させて頂きます。

---
○打ち損なって入るケースは非常に少ないが、きちんと打っても入らない確率はそれよりもかなり高い。

これはパットでは顕著。

プロのパットでもなかなか入らない。だから、パットでは入る、入らないという「結果」を判定の基準にすると、自分に対して厳しい評価を続けていくことになる。

すると、時間とともに「なかなか満点が出せない自分」という自己イメージが定着してしまう。

だから
○「最高の転がり」をパットの目標にする。

目標と評価基準を「入る」の前の「転がり」にして、最高の転がり方をしたらそれでよしとする。

良い転がりが増えればカップイン率は上がる。

入らなくても高い点数を取り続けると「自己イメージ」を膨らませることができ、それを続けることでカップイン率も高められる。
---

この著書は、メンタルの強化書を謳っているので「最高の転がり」を得るストロークという解説はありません。

最高の転がりとは、出だしからトップスピンがかかり、砂などの夾雑物の影響を受けにくい転がりのことですね。
これについては過去ログを参照願います。
「理想の転がりを得るストローク」

ランキングへの投票をお願い致します。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。