CATレディース初日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「涼しくて、良いリズムで回れた」という福島晃子が7バーディーノーボギーの66(このコースはパー73)で首位発進しました。


#17(170ydsパー3)は、昨年3日間ともボギーとした苦手のホールですが、この日は≒50cmにつけるスーパーショットで難なくバーディーとしました。幸先の良いスタートです。


このコース(大箱根CC)は相性が良く、過去の成績は7回出場してトップ5以内が6回、トップ10以内が1回です。


「芝目もきつくて読みづらいし、苦手意識があった」そうですが、過去の成績を聞いて「そんなに相性が良かったんですね」と驚きの様子。


さて、福島のパットですが、調子の良いときと悪いときが極端だったように記憶しています。見ていてイップスかなと思うようなストロークをしていたときもありました。自信を消失していたころ、05年の開幕のころだった、ですかね。


ところが、データを調べてみると、驚きです。


福島ってパットがこんなに上手かったんですね。


年度     平均パット数      ランク
2010    1.8259        22位
2009    1.8140        17位
2008    1.7819         1位
2007    1.8039         7位


そういえば、昨年もCATレディースで福島のパットについてUPしています。
  → 
「CATレディース09」  をご覧下さい。


最近は落ち着いてストロークしているので、自信が蘇っているのだと思います。


2年間優勝がないですが、公式戦25勝(うち海外2勝)の実力者ですから、この辺で勝っても不思議ではありません。


「(優勝まで)あと一息のところまで来ました」と手応えも感じているようです。


天候も良いようですので、2日目以降も爆発して欲しいものですね。

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス