パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
大山志保が初日のトップグル―プから頭1つリードして第2コーナーを通過しました(この日1打伸ばし通算-4)。

2位には、1打差でイ ボミ、アン ソンジュ、イ ナリが並び、もう1打遅れてテレサ ルーと吉田弓美子が5位につけています。

大山は、最難関ホール(*1)の#18(408ydsパー4)で□としてのフィニッシュですので、第3コーナーへ向けてどのような立て直しを図るか試されます。
 *1:2日間の全選手通算で○以上は無し、パーが26、△が25、□は5という地獄のホールです。

大山は今季(Tを含めて)3位3回、4位2回、5位2回、6位1回とベスト10フィニッシュが9回もありますが、もう一つ優勝には届いていません。

大山の自宅は宮崎CCに近いのに、会場近くのホテルに投宿して気持ちを引き締めて、05年に次ぐ2度目のVに向けています。

05年(2勝)、06年(5勝で女王戴冠)、07年(2勝)のこのころが大山が最強の時期でした。今季もそれに匹敵するくらい好調ですので十分にVの可能性があります。

グリーンは高麗ですから、短いパットもしっかりと芯を喰ったパットをしないと外します。

「ショートパットが大事。いくら短くても、しっかりラインを読んでストローク(が大切)」(大山)と気合を入れています。

高麗の場合は、ボールの止まる瞬前でクルッと曲がるので、大山のような強気のパットで「曲がる前に入れる」タッチが求められます。

大山で必ず思い出すのが、前回Vの「マスターズGC 2011」ですね。
 最終ホールで長い強気のパットを決めてP・クリーマーに追いつき、プレーオフで破っています。あれ以来の13勝目をモノに出来るかの正念場が3日目にかかっているように思います。

さて、賞金女王レース最右翼の二人のこの日。

森田理香子は1△(ノー○)で1打落とす(通算+3)ものの、12位Tに上がり、横峯さくらは1○5△と4打落として(通算+6)20位Tに後退しています。

初日とこの日の星取表(ホールバイホール)は二人の星の配列が前半・後半が逆になったように対照的です。

2日目は森田が堪えに堪えて踏みとどまったのに対し、横峯は後半で持ち堪えられなかったという、初日とは逆の星が並んでいます。

横峯はショットの不調を得意のアプローチで補填できなかった2日目ですが、ショットの立て直しが3日目の課題。

森田は3日目に堪えながらも如何に伸ばすかが課題です。

ゴルフファンにはワクワクのこの週末です。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。