パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パッティングの神様と言われる青木功は次のように言ってます。


ーーグリーン上からの風景には垂直線は少なく、曲線が多い。


真っ直ぐ立っている筈のピンもほんの少しだが傾いている。


背景の木にしても真っ直ぐにい伸びているとは限らない。自分がどのように立っているかさえ分からなくなってくることもある。


私がグリーン上でカップに向けてパターを吊るして垂線を作り、利き目で見るのは、周囲の風景に惑わされずに、左右の傾斜を読むためなのだ。


ーー(「パットの神髄」青木功著 三笠書房刊)


私(Green Keeper)もグリーン回りやグリーン上でこれ(Plumb Bobbing)をやりますので、よく聞かれます。


何のためか、御利益はあるのか、やり方は?という質問です。


目的は2つあります。


1.グリーン全体の傾斜を読む(錯覚を防ぐ)ーーグリーンの外からーー
   グリーンが奥へ向かって下り傾斜をしていることは、ごく稀です。そう感じても殆どが錯覚です。それに惑わされることなく、グリーンの傾斜を確認するためにやります。


2.グリーン上のラインの曲がりを読むーーグリーン上でーー
   フックするのか、スライスするのかを読む時にやります。

やり方、鉛直線の取り方、注意事項を過去ログに載せました。
 → 
「プラム・ボッビング1」   「プラム・ボッビング2」   「プラム・ボッビング3」
   「プラム・ボッビング4」   「プラム・ボッビング5」


最も注意しなければならないのは曲がりの絶対値を読みとるものではないということです。


まったく平坦に見えるような微妙な曲がりのときこそ威力を発揮するものだという理解が大切です。


プラム・ボッビングは何の役にも立たないと仰る方がおられますが、それは誤解です。


鋏と同じで使い方の問題だと思います。→「パットお悩み解決広場」 でも私と同じ考え方が述べられています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。