パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

同じ速さのグリーンでも、勾配により実際の距離よりも大きめに打たなければならない(上り)場合もあるし、少なめに転がさなければならない(下り)場合があります。当たり前のことですが。


グリーンを知り尽くしている老練のメンバーは経験により上手く対応しています。

キャディーに聞けば、その距離を補正することは比較的に簡単ですが、セルフの場合で初めてのグリーンって難しいですよね。


やまかんでやるしかない、となると不安もよぎります。


それを補正する方法を「パット・エイミング教本」 は教えてくれます。


普通の速さのグリーン(スティンプ≒9フィート≒2.7m)と言うのは、スティンプメーターの構造上、≒26cmのところから、ボールが転がり落ちて水平方向に≒2.7m転がるという意味です。


ですから、26cmの高さの位置エネルギーが、ボールを転がす距離が2.7mです。


スティンプ・メーターで無くてもグリーンの高さの差(勾配のあるグリーン)で、10cmの高さから転がる距離は1mに相当します。


ですから、グリーンが上りで4m、カップまでの高さ(上りの高低差)が20cmあるとすれば、6mの距離勘で転がさなければ届かないということになります。


同じ条件で下りであれば2mの距離勘でストロークすれば良いということになります。


高低差をどのように読むかは経験が必要ですが、この教本にはそれも解説してあります。


なお、スティンプ値が違う場合は、その分を計算すれば良いことになります。


例えば、スティンプ10feet(一般アマにとってはかなり速いグリーン)と言う場合は、高低差10cm辺りの距離は10/9≒1.1mの補正となります。


もし、そのゴルフ場で一番の傾斜があるグリーンで、ボールが5m上についた(下りのパットをしなければならない)場合、その勾配は(山勘で)1/20くらいでしょうから、普通の速さのグリーンとして、25cmの高低差があると見込んで、距離勘としては2.5mを転がすつもりでやってみて下さい。


3パットを回避出来ると思います。


よしんば、もっと急傾斜だったとしても、その場合はカップの下につきますから、返しのパットは楽になります。


そして、このような「経験知」を補正計算にフィードバックして行くことでパッティングの技術は向上して行きます。


お試しください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。