I LOVE MOCOMOCO | 人生まぁるく

人生まぁるく

なにげない日々を写真で綴るふぉとブログ


テーマ:

 

 

急なお知らせになりますが

我が家のもっきゅんこと モコモコは昨日の夕方

天に旅立ちました。


13歳 11ヶ月でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

もっきゅんは13歳とゆう高齢で

心臓病もあったり、てんかんがあったり 右目の視力はなく、左目の視力も落ちて

目薬は欠かさず 自分ではおトイレに行くこともできなくなって 

ごはんも固形のものは受け付けず

粉のフードを水で溶いたものを口もとに持っていくと舐めて食べたり

最近は寝て過ごすことが多かった。

 

もう、お手もくるんもおすわりも わからなくなってた。

耳も遠くなってたのかもしれない。

 

 

 

昨日は午前で仕事が終わり

もっきゅんの目の検査と心臓病の薬が残り少なくなってたので

お盆休みとかで病院が休みになってしまうとこまるので

夕方、病院へ連れて行くことにしました。

 

前回診てもらった目の経過検査のため

いつものように検査室へ連れていかれたもっきゅん

 

もともと病院嫌いだった

目薬さえキライなもっきゅん

こわくてイヤだったんだろうな・・・。

 

検査室の方からもっきゅんのギャンって声が聞こえてきた。

早く検査が終わってわたしのもとへ 毎回祈る思いで待ってるのだけど

 

昨日は違った

 

先生が出てきて

モコモコちゃんの息が荒くなって心拍数があがって

今、酸素室に入ってもらってます。

もしかしたらなにか処置が必要になるかもです。 と

 

は?

 

え?

 

 

再び先生が来て

一旦落ち着いたようです。

 

ほっ

 

すると、奥から看護士さんが「先生」とあわてた様子で呼びにきて

呼吸がなくなり心肺停止

 

 

え?

え?

え?

 

震えがとまらない手で仕事中のダンナにLINEを打ち

 

看護士さんにこちらへと処置室に入ると

変わり果てたもっきゅんの姿がありました。

 

 

心臓マッサージを受けてるもっきゅん

 

 

先生が「どうされますか?」

「たぶん もう無理だと思います」

 

「もう どうやっても助からないんですか?」

と泣きながら聞くと

 

「はい もう無理だろうと思います」と

 

もう一刻も早くおうちに連れて帰りたかったので

声にならない声で「連れて帰ります」と言うと

 

心臓マッサージをやめ

もっきゅんの小さなカラダにつけられた

たくさんの管などがはずされた。

 

 

号泣しながらも つい、出た言葉

「今日、病院に来てなかったら もう少し生きられたんですかね?」

 

・・・・・。

 

「もうすぐ誕生日だったんです。 もう少し長生きできたんですかね?」

 

 

わかりません。

 

 

先生を責めても仕方がないこと、わかってはいる。

 

自分がこの日この時

病院に連れてこなれれば・・・って後悔ばかりが

頭の中をぐるうる巡って泣くことしかできなかったです。

 

 

 

最初はなんで?なんで?と思いましたが

 

もっきゅんの心臓のことを思えばいつ何がきっかけになってたかわかりません。

 

ただ、最後にわたしの手から離れ

キライな病院で、怖い思いをさせてしまったことがツライ

可愛そうなことをしてしまいました。

 

 

 

老犬で心臓病だったもっきゅん 覚悟はしてるつもりでしたが

この別れだけは慣れないもんですね。

この悲しみだけはどうしようもないもんですね。

 

寄せては返す波のようです。

 

 

 

 

ただ、最近は寝てることが多かったので

今も変わらずそこのいるようです。

なにが違うのかわからなくなります。

 

 

ペロペロは泣き暮れるわたしがこわいようで

呼ぶまで来ません。

 

なにかへんだってことは感じてるようです。

 

 

 

 

もっきゅんは我が家のアイドルでした。

 

ぷるぷるにとっては厳しい妹

ペロペロにとっては厳しい姉

 

とにかく犬には厳しく

甘えん坊で食いしん坊 気が強く、ガンコでわが道をゆく

わたしたち夫婦には見てるだけで幸せな気持ちにさせてくれるコでした。

 

 

最近では、呼吸するのもしんどそうだったのに

「もっきゅんは もう いてくれるだけで、そばにいてくれるだけでいい」って

昨日までわたしのわがままにつきあってくれたもっきゅん

ありがとね!

 

ホントがんばってくれたよね。

ごめんね!

 

 

たくさんたくさんわたしの人生に幸せをありがとう。

 

 

ぷるぷるとお空でもデコボココンビで楽しく過ごして

いつか再会できる日まで待っててね!

 

 

 

 

インスタやFBにも書きましたが

今までもっきゅんを可愛がってくれた方々

老後は「もっきゅん がんばれ」ってコメントをくれた方々

 

もっきゅんをいっぱい愛してくれてありがとうございました。

 

 

 

最後に

一緒にがんばろうって言い合った 老犬仲間のみんなへ

 

もっきゅんはあと少しってところで

目指していた14才にはなれなかったけど・・・

一日でも長く元気に過ごして

一歳でも多くお誕生日が迎えられますように・・・

 

はるらっこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス