A DAY IN THE LIFE WITH MUSIC



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年05月21日(月) 10時56分01秒

夏の前のAOR

テーマ:洋楽・ロック

春から夏への端境の時期というのは過ごしやすくていいですね。

「ああ、もうすぐ夏やなあ」なんて思いながらゆっくりと音楽を聴いてお酒を飲むのは最高です。

 

夏に聴きたい音楽はいろいろあるわけですが、AORを久々に聴いてみるかという気になった。

AORはなんとなく夏のイメージが強いですし、ワイが洋楽を聴き始めた1980年代初めの頃というのはAORが流行っていた時期でもあり、FMラジオから流れてきた夏っぽい都会的でどことなく清涼感のある大人っぽいサウンドは、早く大人になりたいと思う少年の心を掴んだのでした。

あの頃はまさに人生の夏だったwww

 

だが時は経ち、今じゃAORのコンピ盤なんかもいろいろ出てますからね。

ま、そういうのを聴きながら来たるべき今年の夏のことを思い、あの頃の夏を想ったりするわけです。

てなわけで「breeze」ちゅうAORコンピCDを垂れ流しながら麦酒で一杯。

 

 

永井博のイラストなんかもまさに80年代を彩ったもののひとつで、永井博・鈴木英人・わたせせいぞうは80年代を代表するイラストレーターでしょうな。

爽やかで涼し気でオシャレで、その雰囲気が当時ラジオから流れていたAORのイメージがドンピシャに重なっておりました。

AORとフュージョンはオトナなイメージがありましたが、当時はそんなに音楽ジャンルを意識して聴いていたわけではなく、正直なところ当時のヒットチャートの曲にも同じようなイメージを抱いていたように思います。

 

クリストファー・クロスの「風立ちぬ」とか、

 

ルパート・ホルムズの「ヒム」とか、

 

ロバート・バーンの「ワン・ナイト・ロマンス」とか、

 

マイケル・フランクスの「淑女の想い」とか、

 

マーティン・バリンの「ハート悲しく」とか、

 

30年以上前の音楽を今も聴いてるってのは凄いよな、などと思うと同時にあの頃の14だか15だかの自分はええ趣味してたんやな、と自分で自分を褒めたいですわ(笑)

 

 

おまけ:

シメは炒飯。

酔っ払いの適当炒飯だが、とても美味しかったです。

 

2018年05月09日(水) 06時23分34秒

富士山

テーマ:お酒

会社の後輩がゴールデンウイークに富士山あたりへ旅行に行ってきたということで、お土産を貰いました。

「富士山」という名のウイスキーで、これが普通にすっきりと飲みやすく、たまにはこういう日本のウイスキーもええかな、と。

 

お供の音楽はビリー・ホリデイの「レディ・デイ」。

ゴールデンウイークの間、二日程実家へ帰ってたのですが、酔っ払って布団に横になって窓に目を向けたら綺麗な月が出ていて、「ああ、寝転がって月を眺めるなんてのは久しくなかったなあ」などと感慨に耽りつつもそのまま寝てしまい、夜中一時くらいに目を覚まして、喉が渇いて且つ小腹も空いたので近所のコンビニに出かけたらば、月明かりがとてもきれいで何ともいい雰囲気だったわけですわ。

 

で、それがビリー・ホリデイとどう関係があんのよ?ってことですが、このアルバムには月が冠されたタイトルの曲が三曲あって、真夜中のウイスキーのBGMにうってつけなんですね。

 

月に願いを I Wished On The Moon

月光のいたずら What A Little Moonlight Can Do

月夜の小舟 A Sailboat In The Moonlight

 

月というのは何とも幻想的で魅惑的でロマンティックで、だからこそ月に纏わる歌が多いのでしょう。

そして休みの日はビリー・ホリデイを聴くのがいいですよ。

ホリデイ=休日

ちゅうことで(^^;

 

 

 

 

 

2018年04月30日(月) 16時46分20秒

五色塚古墳とか他いろいろ

テーマ:雑記・いろいろ

とりあえずは最近読んだ本を紹介。

 

画像上段の四冊はなかなか良かったです。

とりわけ柚木裕子の「孤狼の血」はめちゃくちゃ面白かったです。

ヤクザの抗争と悪徳刑事を描いた小説で、ハードボイルドでミステリーとしても読み応えありで、この人の本はこれで三冊目になるのですが、三冊どれも面白くてよく出来ていてオススメです。

調べてみるとこの「孤狼の血」は映画化されるそうで、

でもこの予告編を見る限りではただのチンピラ映画のような気するのですが・・・(^^;

 

あと、邪馬台国がらみの小説を読んで(上記画像の「邪馬台国と黄泉の森」)、さらには昨日ユウチュウブで「世界不思議発見!」の邪馬台国特集を見て、なんとなく古墳を見たくなったので、そういやうちの近所に有名な古墳があったな、ってなわけで早速行ってきました。

五色塚古墳です。

寺社もエエけど古墳もまた歴史のロマンがあっていいですよね。

前方後円墳の後円の高台からは明石大橋が一望できますですよ。

 

 

調べてみると、古墳の数の最も多い都道府県って兵庫県だったんですね。

てっきり奈良とか京都とか福岡かと思ってたのですがダントツで兵庫。

 

古墳巡りの旅に出てみるのも一興かも知れません。

 

そして今日は夕方から家飲みです。

オールドバーズタウンというバーボンを飲みながらまったり。

 

BGMは英珠(CDなし)。

こないだプリンスの「愛の哀しみ」の記事を書いたときに、そういや英珠もこの曲をカヴァーしてたな、てなことを思い出し、ちょうど夕方くらいからの明るいお酒のBGMにはちょうどええやろ、と。

 

 

その英珠も何年か前に亡くなってるわけで(泣)

 

そしてプリンスですが、9月にアルバムが出るようです(ソース省略)。

こないだユウチュウブにアップされた「愛の哀しみ」は”最新アルバムからの最初のピース”だそうで、80年代中期のレボリューションとの蜜月期がメインになるのでしょうか。

だとすると、

ALL MY DREAMS

IN A LARGE ROOM WITH NO LIGHT

OTHER HERE WITH US

CAN I PLAY WITH U ?

COCO BOYS

EMOTIONAL PUMP

A PLACE IN HEAVEN

BIG TALL WALL

WITNESS 4 A PROSECUTION

なんかがとうとうオフィシャルで聴けるのか???!!!

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。