人にはちゃんと自分らしく生きていける道があります。

わたしたちが生きづらさを感じる時って

自分に合わないことをしたり、
合わないやり方をしたり、
合わない人と付き合ったり、
合わない環境にいるからなんですね

何が自分に合うのかは、
人によってみんな違いますよね。

むしろ、みんなと同じじゃなくて
全然いいんです。

それでですね

なんかこの空間、居心地悪いなとか
ガーン
窮屈だな
えーん

そう感じる経験あると思うんですが

その感じている感覚こそが
己を知ることにつながっているんですよ

どういうことかと言うと
苦手な人が職場にいて合わないなあって思ってるのに、人を嫌ってはいけないと言い聞かして、
無理して愛想を振り回したりして

帰宅後、気疲れでエネルギー消耗する
えーん

その疲労困憊から教えてくれていることとは

それは

あなたがちゃんと違和感とか、
不自由な感じとか、
居心地の悪さとして、
感じ取れるようになっている
生まれながらに持っている能力なんです。

こういう生き方、
こういう付き合い方、
こういう仕事の仕方こそが素晴らしい
っていう世間からもらった価値観を、
わたしたちは外側からくっつけてきたんです。

みんなそれぞれに合うものが違うのに、
一つの価値観に無理やり当てはめようとしたら、苦しくならない方が逆におかしいんです。

いろんな人がいていいんです。

たとえば
あの人は、なんて大人しくて謙虚なんだろうと
あなたには、そう思えたとしても
その人にとっては、縁の下の力持ち
裏方が合っているのかもしれませんし

逆に目立つことが好きな人は
前に出て、人にこうしてほしいと
お願いしながら生きていく方が、
自分らしくていい、
その方が、より力を発揮でる人なんですよね。

どこの世界に行っても
こういう生き方をすることが
幸せだっていう暗黙の空気感みたいなものがあると思うんです。

でもそれに合う人と、
合わない人がいる

それこそが調和なんです。

あなたに合っていることなら
どんどん取り入れたらいい。

でも合わないし、うまくいかないなら
取り入れなくていい。

わたし自身も世間一般で
これが素晴らしい人間だって言われる生き方で
頑張っていた時があります。

でもそういうものを一度すべてやめてみたんです

そのやめる作業は、自分で努力した部分と
自分の力じゃ、出来ない部分
つまり壊し切れない領域は、
エネルギーワークの力を借りました。

するとですね、

世間がどうであろうと、
わたしがどうしたいのか、
どうありたいのか
どういう環境だと楽なのか
こころの声に素直になって
生き始められるようになって来たんです。

すると驚くほど人生が好転しました。

人に媚びる生き方を辞められたんです。

なぜそう言えるのか?

同じ出来事が起きても
以前のわたしでは、そうじゃなかったって

自分と前後でわかるんですよ。

たとえばですね
わたしはクレームを扱う仕事を現在
職場で行ったりもするんですけど

人としてのボーダーラインを
ぶっちぎりに超えて理不尽な方には

誠心誠意を込めて、
はっきりと伝えることに徹してるんです。

はっきり伝えるに勇気が要ります
本当ならば、言わせないで欲しいんですよ

そこまで言わせないと気づけないから
あえてこころを鬼にして

想いはエネルギーに乗りますから

するとですね、その方自身が無理難題なことを言っていることに自然と気がついてくれるんです。

できないものに対して
こころを込めて、お断りする。

昔のわたしなら出来ませんでした。
長い物に巻かれるタイプ
ことなかれ主義

周りにはびっくりされることもあります。

でも人がそれをどう言おうと、
今 わたしが 感じてる
想いを
表現できるようになっているんです

人からの視線を昔ほど気にせず
受け止められるようにもなりました。

なので

自分に合っていることをしてみてください。

あなたはあなたなんです。

そうはわかっててもという方は

それが、どれだけ自分に許せるかの問題なだけなんです。

自分に許可を出せるためのサポートとして

●フリーダムディスティニー
人間関係の土台を整えたり


●ヴィーナスフォレストで
傷ついた女性性を癒し解放したり


その道しるべの癒し、満たし、解放の
ツールはあります。

あなたはあなたの一番楽で、
快適なことを選んでいいんですよ。

そのことに対して、罪悪感を持ってしまう方には

アークレジェンドをどうぞ

あなたという自分を知って、
その個性は、個性のままで
生きながらして
生まれ変われるです

ただ自分に合うことをすればいいんだって

あなたが許可さえ出せれば
さらに自由になれますよ。