数年後にこの記事をみて自分自身が何を感じているのかが楽しみ | こころの世界は、写真で切り取ったようなもの

こころの世界は、写真で切り取ったようなもの

ストックフォトサイトで素材写真を販売している、兼業フォトグラファーとして、プロフィール写真やセミナー風景撮影もしています。数年前に出会ったこころの学びから、しんどく辛い思いをしながら生きている方々にむけて、こころのヒントにと記事をアップしています。


テーマ:
ブログを書く。

個人ベースで情報を発信できる手段、手法。

であり、個人で仕事をするのにも適している手段、手法ですね。

例えば、下の画像は自身が撮影したある夏の日の1枚。

ストックフォトサイトに登録し販売している作品。

 

 

ただ、ブログを書くと言う事は

自らのビジネスの認知や拡販での意識をもっている時期も

ありましたが、、、、

自身の思考整理の側面が大きいのではないかなぁ。

 

2012年9月からはじめたアメーバーブログ。

紆余曲折があり、スピリチュアル、精神論。

日々の悩みから、ストレス解消法。

 

その時々、気になった書籍やセミナーでの感想。

いいよ!って聞くと、真似して読んでみる

いいよ!って聞くと、真似して参加してみる

いいよ!って聞くと、出来る限り真似してみる

 

いま読み返すと、、、、

「ポジティブシンキング!」

を、頑張っておこなっている様子が見て伺えました。

 

この、真似してみる。

って案外いいですよ。

自分自身では考えもつかないような事を

行おうとすることで、脳も身体細胞も活性化する(気がする)

 

大袈裟に表現すると、隣町までいかない生活だったのに

年に数回、東京までいっちゃう。しかも思いつきで。。。

毎月4~5回、隣の都市まで夜な夜な出かける。

まぁ、ホント精力的に動き回っていました。

 

振り返ってみると、、、

自分探しに必死だったんだなぁ。

答えは自分の中にある、っていいながら

答えを外の世界に見つけに行っていた。

 

ネガティブな出来事に出逢うと

何故、こんな事になるんだろう。

ポジティブな出来事に出逢うと

浮かれすぎないように地に足を付けなければと。

 

その昔、通っていた場所で

「仏教」をまなび、足りない自分を鑑みて

まずは人様の為に。の行動を優先していた。

 

その時代が長かったのもあるけれど、

自分の事を考えるなんて、ダメなことだと

相手の事を考えれないなんて、ダメなことだと

穿った受け取り方をしていたのかも知れない。

 

ただ、その時代があったから

思い返せば、2012年人生の転機を掴み損ねずに

いるのかも、と感じている。

 

2018年5月。

アセンションといわれて6年弱。

アラレちゃんのパンチで真っ二つに割れる

地球を想像していたが、そのような事もない。

 

ただ、精神的・思考的には真っ二つに分かれて

いるんだなぁ。とつくづく感じる。

 

目の前にある事象に振り回され続け、

そんなことになるのは、自分以外の原因だと

思考するパターンに陥る人と、そうじゃない人。

 

どっちがいいのかなんて、問題ではなく。

どっちでも自分が選択して行っているという意識が

ある、のか、ない、のか。

 

自分自身は、選択していると考えている。

もしかしたら、選択させられている。

かも知れないけれど・・・

 

僕たちは、目の前にあるものすべてに

反応するわけではなくて、

僕たちは、自分の中にあるものすべてに

反応しているだけ。

 

そもそも、自分の中にないものには

反応することさえ出来ないって事。

 

喜怒哀楽。。。

喜こび、楽しみ、が 良く

怒る、哀しい、が 悪い

んではなくて、どれもただただ感情というだけ。

 

そこに意味をつけるのは

こちら側の勝手な思考だということも

学び感じている。

 

勝手な思考と表現すると、

まるで悪い事のように聞こえてしまうかも

しれないが、そうではないと思っている。

 

支離滅裂な記事になっているが

久々の思考のアウトプット。

 

インプットは敢えて行っていないけれど

この情報時代、嫌でも見聞きしてしまう時代。

 

アウトプットすることで、現在の自分の位置が

確認できる。なににフォーカスしているのか。

 

ひとつ言えるのは、

自分探しの旅には出ても

自分は探し当てる事が難しいよ。

 

現在の自分の周りを見回すと

現在の自分が見えるんだよ。

 

良い悪いではなくて。

そのまま受け取る事が

自分を探し当てる事。

 

不快だと感じれば、変えればいいだけ。

どう変えるか?

普段つかっている、言葉。

ココから変えていけば?

 

言葉を変えて

いつもと感じ方が、同じかどうか?

快か不快か?

 

他人の言葉よりも

自分の言葉のほうが

自分へ与える影響は強いんだ。

 

言葉が変われば、思考が変わり

思考が変われば、行動が変わり

行動が変われば、環境が変わり

環境が変われば、人生が変わってる。

 

また、数年後にこの記事をみて

自分自身が何を感じているのかが

楽しみだ。

 

 

 

高見 信太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス