行ってまいりました、現代美術館の横尾忠則展。
 
開催は10/17までということで、慌ててチケットを予約。
 
タイトルに書きましたが、本当にビックリだったんです、天使。
 
 
 
 
 

 

 

現代美術館は、現代(モダンアート)がテーマなので

建物もモダーン!

 

ちょっと海外に来たような雰囲気があります。

 

 

 
 
正直なところ、
横尾忠則さんの作品が大好きなわけではなく、全然詳しくもないので
 
なぜ行く気になったのか、とっても不思議。
 
どちらかと言えば、作品が強烈にポップ過ぎて苦手な感じかも…真顔
 
 
今までで最大級の横尾忠則さんの作品展示会と聞いて、
なぜか「行かなければ!」という気になったんです。
 
 
展示会場内の撮影は禁止なので、引用画像でお届けします。
 
 
最初の展示のお部屋から、
 
色遣いや筆のタッチがとてもパワフル。
一辺が1.5m以上の大作が多い~!
 
大きなキャンバスばかり!
 
私の横尾さん作品のイメージは
エキセントリックで不思議かつ強烈な主張。
 
 

 

 引用

 

本当に不思議な世界…

 

 

どういう感覚、思考や意図でこれらの作品を描かれたのだろう…

 

 

かと思うと、飼い猫タマのとても可愛らしい作品が並びます。

(タマは展示の後半でしたけど)

猫好きなら、そうするよねー!爆  笑とうなづいてしまう可愛いタマの仕草の数々!

 

 

 

そうしたらですね、

いきなり、来ました!

 

天使のモチーフの作品展示の一角が突然現れて、びっくり。

 

それも、受胎告知がテーマ。

大天使ガブリエルです。

 

引用はこちらから

 

受胎告知テーマの作品だけで、4,5作。

1996年頃の作品に多く天使が見られました。

 

 

まさか横尾忠則さんが天使に造詣が深かったとは本当に存じ上げませんでした。

このような御本も出されていたんですねびっくり

 

まさかの『天使の愛』
中森じゅあんさんとの共著です。 

ANGEL LOVE

 
 
 
生と死やアニミズム、宗教をテーマにされたものも多くて
天使が取り上げられていてもおかしくはないのかもしれませんが、

私の横尾忠則さんの作品イメージは、エキセントリック、ポップ、カラフル、パワフルというものだったので、
 
今回美術館を訪れるまで、全然天使と結びつかず!
 
 
今回は、天使から私への『天使愛』を見せられたんだと思うのですが、
 
もう1つ天使が見せたかったのは、横尾忠則さんのパワーだと思うのです。
 
今年2021年だけでも、一辺1.5m以上のキャンバスで10作品以上を描かれているそのパワー!
 
No Goal for Life (人生にゴールはない)
I have no time left(残っている時間はない)
 
というタイトルの作品など
 
 
もっとがんばりなさいよ♡
 
という念押しをされた感じが…笑い泣きガーン爆  笑
 
 
ということで?12月も開講します。
 
 
天使とつながって、
新しい世界を広げたい方、
人生を発展させたい方
お待ちしています♡
 
 
宝石紫12月開講の募集を開始しました!
スキルマスターだけでなく、お悩みまで解決しちゃう講座♪
 
 
 
無料メルマガのご登録はこちらからお願いします→無料メルマガ登録

LINE@ 下記バナークリックでお友達追加、よろしくお願いします。 

 

友だち追加

または、 

@chubachiyuki  で検索ください。

 

全国からのご依頼をありがとうございます。
海外のお客様もお受けしています(アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、スイス、スペイン、クェートなど)。