パーソナルトレーナーと80年代洋楽の蜜な関係 76 【ザ・ローリング・ストーンズ② 】 | トレーナーのお気楽ブログ  極上の日々

パーソナルトレーナーと80年代洋楽の蜜な関係 76 【ザ・ローリング・ストーンズ② 】

【 パーソナルトレーナーと80年代洋楽の蜜な関係 76 】

世界中のロックファンにとって、悲しいニュースから1週間。。。えーん
偉大なドラマー、チャーリー・ワッツさんが亡くなりました。。。ドラム

個性的なメンバーの多い ザ・ローリング・ストーンズ の中で、
常識のある紳士的なイメージの人物。
ライヴ中でも、いつでも冷静な表情が印象的。

今回の「ミックスト・エモーション」は、80年代最終年に発表された曲。
久しぶりに観たヴィデオは、なんだかゾクゾクしました。
ミックさんとキースさんは仲良さそうだし、
ビル・ワイマンさんもいるし、
ロンさんもお茶目&渋い。
その中で、チャーリーさんの存在感は、またちょっと違う感じで良いですね!
2・4拍でスネアを叩く時には、ハットを叩かないのがチャーリーさんのスタイル。



やっぱりチャーリーさんあっての、ザ・ローリング・ストーンズ。
こんなバンドは他に無いと思います。
また、来週。バイバイ

死ぬまで、いや死んでもドラマー。健康運動。
大人のパーソナルトレーニングスタジオ PUREFITTは、表参道にあります。