リボーンドールのボディの種類について | リアルな赤ちゃん人形(リボーンドール)専門店 オーダーメイド製作 ピュアドールランド

リアルな赤ちゃん人形(リボーンドール)専門店 オーダーメイド製作 ピュアドールランド

過去に、数々のリボーンドールを見てきた専用のお人形アドバイザー、まゆママとうーちゃんがあなたの人形選びをしっかりサポート。また、海外の有名メーカー「アドラ」「リーミドルトン」「マダムアレクサンダー」ほか、200点以上ご用意してお待ちしていす!


テーマ:

リボーンドールちゃんのボディ種類は、大きく分けて 2種類あります。

 

1つは、シリコン製、

もう一つは、ビニール製

 

どちらも、メリットデメリットがあります。

 

今、市場で販売されているリボーンドールの中で主流を占めるのはビニール製です。

理由はいろいろありますが、ビニール製のほうが、

 

価格が安い

程よい重さ(作家さんが詰め物などで、体重を調節できます)

ペイントしやすい(塗料が乗りやすいため、細部まで美しく仕上げることができる)

 

などが人気の秘密でしょう。

 

ここではまずは、ビニール製のリボーンドールのボディについて解説していきます。

 

リボーンドールのボディは 5種類

大まかにいって、5種類あります

フルボディ クロスボディ(布ボディ) トルソー
Full Body 1 Limb 3/4 Limbs 1/4 Limbs Torso
お水に入れられる
お洋服のバリエーションを楽しめる。

抱き心地がやや硬め

×関節の動きが一方向
×修理が専門的で高額
 ◎ 価格がフルボディに比べてリーズナブル
 ◎ 抱きごこちが良い。やわらかいく、本物のベビーちゃんに近い感じ。腕の中にしっくり収まる感じがする
  (ボディの詰め物でも作家さんの技量が問われます。熟練の作家さんのボディは
   ● 詰め物で背骨を作ったり
   ● ドールのサイズにあわせ、生まれたてのようなか弱さを「詰め物」で表現したりします。

 ◎ 関節の可動域が広い(ベビーマッサージなどでも使いやすい)
 ◎ 修理が比較的容易
 ◎ タミープレートなどを利用することで、アレンジの幅が広がる。

 × お水に入れることができない

 
 ◎ タミープレートを着脱する必要がない。
 ◎お洋服のバリエーションを楽しめる
 ◎ 関節の可動域が広い(ベビーマッサージなどでも使いやすい)
△ 抱き心地がやや硬め
× お水に入れrることができない


 

 

 
お人形の着せ替えを楽しまれる方は結構多いと思いますが、
フルボディのお人形の場合、着せるお洋服が広がる、というのが
なんといってもの魅力ではないでしょうか。
 

リボーンドール、リアル赤ちゃん人形販売

 

こんな、ガーリーなワンピースも、フルボディや、トルソーの子なら

とってもかわいく着こなしてくれますよ。

 

また、クロスボディでも、

フルアームの子は

フルボディほどでないにしろ、

袖のないお洋服を楽しむことができます。

 

フルボディ+クロスボディの 両方のよいところを

楽しむことができ、お得感がありますね。

 

 

 

Tummy Plate (タミープレート) とは?


上の5種類が、基本なのですが、

ここで、ちょっと気を付けていただきたことがあります。

 

これ、なにかわかりますでしょうか?

 

 

これはTummy Plate または Belly Plate(おなかの板)といって、

クロスボディの上にかぶせて使います。

こんなかんじ。

 

 
 
へ?
いったい、なんのため???
 
 
 
そうですね。これは、主に、
写真撮影用に使われることが多いようです。
 
 
この子も本当はクロスボディですが、ほらっ
こうやって、写真を撮ると、
ほらっ、フルボディみたいでしょう?
 
 
 
 
では、この子はどうでしょうか?
 

 
この子はどう見てもフルボディに見えますよね。
 
でも。。。実はこの子も
これが、Tummy Plateを使った、クロスボディなんですよ~
 
 
 
正直、とても紛らわしいです。
リボーンドール販売店としては、トラブルの元なので、やめてもらいたい!
と思うくらい(笑)
 
インスタ映え にはもってこいなのでしょうけれど。
 
 
 
 
Tummy Plateの形にもいろいろありますよ。
 
 
 
背中の板(Back Plate)もありますよ
 
 
 

 
 
この動画は、Tummy PlateとBack Plateを、紐で結わえる作業の動画です。
結構大変な作業!
 
動画を見た人から
 
「なんで最初からフルボディ買わないの?」
「接着剤でとめちゃえば?」
「私は穴開けてとめたわよ」
 
なんて、散々なコメントが、、、(笑)
 
最新のものは、もっと改良されていて、
磁石でぱちんと、ボディにとめるタイプもでています。
 
 
 
でも、当店のお客様、正直
「ベリープレートいらないから、安くして!」というご要望も多いですね。(笑)
 
可能な場合と、そうでない場合がありますが。
だいたい、1000円~くらいお安くなります。
 
 
Torso (トルソー) とは?
 
トルソーとは、英語で「胴体」という意味。
街中のウィンドーにある、あれですね。
 
 
 
 
リボーンドールちゃんのボディにも、
トルソーというのがあります。
 
 
 
Torsoで作ったお人形がこちら

 

 

 

関節部分だけが布で、

のこりは、ビニールになります。

 

クロスボディ、フルボディに比べたら、

トルソーで作られた子は、まだまだ少ないですね。

 

クロスボディに

後で苦労しながらタミープレートを縫い付けることを考えたら、

最初から、これを選択するのもありですね。

 

 

動画: リボーンドールができるまで

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

リボーンドールちゃんのボディといっても、様々ございます。

ご購入前にはどうかご注意してくださいね。

 

購入後にしまった!となるのは

お客様にとっても、お人形にとっても、お店にとってもとても残念なことです。
気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいね。
 
 
 
 
 
 
 

ピュアドールランド店主   まゆままさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス