マツダ・CX-3 カーオーディオの音質アップ | サウンドピュアディオ井川のブログ
2018年09月15日(土) 12時52分25秒

マツダ・CX-3 カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業から、

マツダのCX-3です。
 

alt

 


 

CX-3は全車マツダコネクト付きで、オーディオは標準仕様とBOSE仕様があって、

今回は標準仕様のお車にスピーカーの取り付けや防振作業を行ないました。

 

alt

 


 

ベーシックパッケージでは純正の16センチドアスピーカーはそのまま使用しますが、

今回は取り外して、車内からピュアディオブランドのSPTケーブルを通して来て、

別な13センチスピーカーを取り付けます。
 

alt


 

CX-3はドア内はサービスホールがインナーパネルで覆われていて、

一度パネルを取り外して外板裏にベーシック防振の施工を行い、

インナーパネルのプラスチックの響きを抑えるために

響きの中心2ヶ所に防振メタルを貼り付けました。

 

alt

 


 

外した内張りにはセメントコーティングの施工を行い、

薄いプラスチックの響きを抑えますが、

ちょうどコーティング材が紫から薄い茶色に化学変化で変わる場面を撮影する事が出来ました。
 

alt




内張りの表にはアウタースラントのバッフルを製作して、

JBLの508GTIのミッドを取り付けました。
 

alt

 

現在ピュアディオ推奨の13センチミッドはかなり入手が困難な状態で、

「クセの少ない普及価格のユニットはこんなに手に入らないのか?」と、

いつも頭を悩ませていますが、今回運良く508のミッドを入手出来ました。




 

ツイーターはダッシュにピュアディオブランドのATX-25を取り付けて、

お客様が純正ツイーターの部分にデミオのベースモデルのカバーを持って来られたので、

ツイーターグリルを外してカバーを取り付けています。

 

alt

 


 

純正アンプからグローブボックス下のピュアコンまでPSTケーブルを引いて来て、

全ての桔線が終わったら、音楽を鳴らして音調整を行います。


 

自分の調整用CDの他にお客様のUSB音源から角松敏生さんの楽曲を再生して、

生音に近くなる様にセッティングしました。
 

alt


 


同じト東京タワーでも12インチバージョンとアルバムバージョンで音の傾向が違い、

アルバムバージョンの方がご本人の声に近く、

12インチバージョンはかなり勢いが付けてあったので、

それはそういうものだという考えで、

アルバムをベースにセッティングを終えました。

 

alt

 


 

音の微調整のために交換するパーツは棚にドッサリあって、

何度も交換して生音に近づけます。

 

alt
 


 

数百種類が常にストックしてあって、それでも当てはまらなければ、

新たに無い規格値を作って、それが当てはまれば3店舗にストックします。


 

表にするとかなりの種類があって、最も合う値を常に探しています。

 

alt


 

 

音が決まった後にマツダコネクトの調整画面を見ると、

フェダーは僅かに動かしたものの、

バス・トレブルはセンターが一番生音に近く聴こえて、

微妙なズレは全てピュアコン側で調整しています。

 

alt
 



 

どこが合っているかとか、生音に近いかという基準は、

これまで多くの音楽アーティストにお会いして来て生声や生の楽器の音を聴いて、

それを基準にしていて、

CX-3のお客様は自分が角松敏生さんにお会いして生声を知っている

という事を知られて、三重県の鈴鹿市から起こし頂きました。

 

alt


音楽番組の製作を通じて角松さんとは長い時間お話した事があって、

その事をブログで読まれて、

それでこの店でという事でピュアディオ宇部店を選んで頂きました。


 

先週来店されてお車を預けられて、この週末に再び取りにみえられます。


 

メジャーレーベルの音楽業界とつながって

生音や生声を正確にという店が他に存在しないので、

わざわざ遠方から来店して頂いていますが、その遠い道程の苦にならない様に、

最高のセッティッグでお応え出来る様、日々精進しております。

サウンドピュアディオ井川さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス